ひびのつれづれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
秘境で考えた。
昨日のつづき。

全線通しの列車は一日3往復のみの只見線を無事に走破。やっぱり今度は冬の豪雪を見に行きたい。ちょうど紅葉がキレイだったが,個人的には地元陸羽東線の鳴子峡付近も美しさとアクセスのよさで捨てがたい。「よくこんなとこに鉄道ひいたな・・・」度もかなり高かった(ちなみに今まで乗った中では芸備線がNo1)。

で,車窓よりくぎ付けになった高校生ぷるかつ。女の子の方が先に乗り込んできて,乗車時間が長いからか(おそらく一時間半くらい)ボックスの座席にひざ掛け敷いて寝てたら,途中の駅で彼氏と思われる男子が乗車。しばらくして起きた女子と勉強したり仲良くしてました。

その光景を見ながら,避妊しろよーといつもの思考回路に陥りつつ,このコ達もし妊娠とかしたらどこの産婦人科行くんだろーか,なんて考えてしまった。高校生がクルマなぞ運転できる訳もなく,列車も一日数本。バレないように遠くの町に・・・なんてのも一苦労だ。渋谷とのあまりの落差に頭がくらくらする。

こんな「いなかー」なところにこそ,ティーンズルームは必要なんではないのか?

ただ,やっぱりここは日本のようで,高校生はみんなケータイ持ってるし,制服の中で少しでもおしゃれしようと靴下やカバンのマスコットに凝ったりしている。これだって休みの日に街まで出て必死で買い物したりしてるんだろーな。この辺だったら仙台が大都会なのかもしれん。

なんか,こーゆー高校生の恋路を応援したいっつーのが本来の自分のやりたいことなのかもしれん。これは教育という枠組みでは間違ってもできない事なので,つくづく学校の先生とかにならなくてよかったと思った。

ま,こんなことをつれづれなるままに空想できるのもローカル線ののんびりムードのおかげですわ。
スポンサーサイト
【2009/10/22 15:14】 | Sexuality | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<パチ屋のバイト | ホーム | 帰り道は秘境。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yana0526.blog116.fc2.com/tb.php/561-8bac5cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カピバラさん時計

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。